建築医学(環境情報学)で住環境を整え 身体・精神そして経済の健康を実現する

健康・美容

建築医学(環境情報学)で住環境を整え 身体・精神そして経済の健康を実現する

建築医学(環境情報学)で住環境を整え 身体・精神そして経済の健康を実現を目指します。 

我が家はドクター 家やオフィスにいる時間は長く、その環境が人の健康に及ぼすことを研究し、情報提供します

なぜ色彩が大切なのか?
人間の脳は、五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を通して周囲の環境から情報を取り入れ、その情報をもとに行動をしたり様々な判断をしたりします。
五感の中でも、視覚から入る情報量は全体の80%以上あるといわれています。
それゆえ、色彩が人間に及ぼす影響は考えているよりもはるかに大きいものです。

なぜ空気環境が大切なのか?
人間が環境から体内に取り入れているものの大部分は空気です。
それゆえ、住宅やオフィスの空気環境が健康に及ぼす影響は甚大です。
例えば、カビは真菌アレルギー症の原因となり、カビが発生するような環境では免疫力が低下し、様々な病気に罹りやすくなります。
住宅内の湿気や気密性を考慮しながら、空気環境について考えていきます。

なぜ地磁気が大切なのか?
地球全体はひとつ磁石のようになっており、磁気を帯びています。
この地磁気は、日常生活に溢れる電磁波などに比べると強さは小さいものの、定常的なものであるため、これが乱れると人間の脳に悪影響を与えます。
いわゆる土地のエネルギーを測定するひとつの基準となり、大切な要素です。

なぜ建築資材が大切なのか?
実際に住宅を建てる際に用いる建築資材が、住環境に影響を及ぼすことは言うまでもありません。
有害な化学物質は排除するのはもちろんのこと、人体に良い影響を与える建材など、建築医学の観点から様々な建材を分析・評価していきます。

なぜ照明が大切なのか?
照明の種類、光の強さや色彩によって、インテリアの雰囲気は全く変わります。
それゆえどのような照明を選ぶか、というのは空間デザインの大切な要素の一つです。
また、人体に及ぼす生理的な影響についても考慮します。

なぜ中医学が大切なのか?
建築医学は、人間と環境は密接につながっていてお互いに影響を及ぼし合っている、と考えます。
これは、部分部分を切り離して考える西洋医学よりも、東洋医学に近い考え方です。
建築医学では、人体に「氣」が流れているように、建物にも氣が流れていると考え、その調整をします。
それゆえ、東洋医学そして、そのもととなっている中医学の知識は不可欠です。

なぜ中医学が大切なのか?
建築医学は、人間と環境は密接につながっていてお互いに影響を及ぼし合っている、と考えます。
これは、部分部分を切り離して考える西洋医学よりも、東洋医学に近い考え方です。
建築医学では、人体に「氣」が流れているように、建物にも氣が流れていると考え、その調整をします。
それゆえ、東洋医学そして、そのもととなっている中医学の知識は不可欠です。

建築医学とは、一言で表すと環境情報学です。
私たちは、周囲の環境から五感を通じて色々な情報を取り入れています。そして、それらの情報に基づき、色々な意思決定をしています。どのような環境に身をおくかによって、入ってくる情報が変わり、心や脳の状態も変わってきます。

建築医学とは

建築医学とは、一言で表すと環境情報学です。
私たちは、周囲の環境から五感を通じて色々な情報を取り入れています。そして、それらの情報に基づき、色々な意思決定をしています。どのような環境に身をおくかによって、入ってくる情報が変わり、心や脳の状態も変わってきます。
とりわけ、私たちが建物の中で生活する時間は1日20時間を超えると言われています。それゆえ、どのような住宅で生活しているのか、どのようなオフィスで働いているのかは、とても大切です。
環境が思考を形成し、思考が行動(習慣)を作ります。

建築医学では、色、形、素材、レイアウト、立地など建物に関するあらゆる要素を考慮します。単に良い素材だけでを使うだけでは十分ではありません。色や形、デザインも人間の心や脳に大きな影響を与えています。例えば、建築医学的に言えば、うつ病になるような環境、ガンになるような環境があります。
建築医学は、環境を整えることにより、身体の健康だけではなく、精神の健康、そして経済の健康をも実現することを目指しています。
財・体・心の健康を通して、一人一人の人間意識が高まり、素晴らしい人生が送れるようになる。建築医学によってそれが可能になると考えます。
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ