心と脳に良い家、心と脳に悪い家をあなたは知っていますか?【日本建築医学協会】

健康・美容

心と脳に良い家、心と脳に悪い家をあなたは知っていますか?【日本建築医学協会】

心と脳に良い家、心と脳に悪い家をあなたは知っていますか?【日本建築医学協会】

心と脳に良い家、心と脳に悪い家をあなたは知っていますか?
住まいが富と健康と幸福をつくる住環境特別セミナー

近年 住環境や職場環境からくる様々な環境ストレスが、生活習慣病やうつ病の大きな原因と考えられています。
本セミナーでは住環境と健康について各分野の専門家が講演いたします


住まいが富と健康と幸福をつくる 住環境特別セミナーを開催

・国立精神・神経医療研究センター 本田氏 『高周波が脳に及ぼす効果を踏まえて、脳にやさしい住宅環境』

・国際伝統中医協会 中村氏 『邪気を予防し、気を改善する方法』

・トータルヘルス研究所 落合氏 『トータルヘルス研究における住宅研究報告』

・一般社団法人日本建築医学協会 理事長 松永氏 『成功も健康も住まい環境が作っている』

について お話しさせていただきます。

品川シーズンカンファレンスにて  10月21日(土)に開催します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


   Max Felix Namiki


   

 Felix 南木です。

人生の愉しみ、安全安心、健康快適、至福の時をまごころと技術で提供しております。
 
日本建築医学協会 理事(副理事長)をしております。

 
幸福になるには 

1.経済的安定(経済力)
2.健康 (身体力)
3.心のゆとり (人間力)

が必要です。

これらのすべては、思考と行動によると言われています。
思考と行動は、人間の心や感情が決めているのです。
心や感情は、自分をとり囲む環境によって 生まれるものです。

脳科学から考える 理想の住まい について 有益な情報提供いたします

人生と考え方は住まいで決まると言っても過言ではありません

心があなたを支配し 住環境があなたの心を支配する!!

我々がどのように思い、どのように感じる かで、ドーパミンやセロトニンの量が 変わる。黄色い色彩で神経を刺激すれば、 神経は突起を伸ばし、枝分かれして 脳は刺激され、ちょっとしたことでも 楽しいと感じるようになる。
心があなたを支配し 住環境があなたの心を支配する   (松永修岳氏)

たのしく感じたり、明るい気持ちになったりするのは、色彩など様々な要因があります

明るい色彩の中にいれば、人は明るい ことを考えるようになります。

暗い色彩の中に いれば人は暗い気持ちになり、怒りや 恐怖を司る扁桃体の刺激が強くなり、 人は不安になります。

うつの人は帯状回の血流が多いことが 分かっています。明るいことを考えていると、 扁桃体や帯状回の血流が少なくなるのです。
 
 

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ